足に汗をかく原因と対策

 

足が臭くて靴が脱げない人、いっぱいいるのではないでしょうか。

 

足が臭い原因は主に足汗です。

 

足に汗ってあまりイメージがないかもしれませんが、その原因と対策についてみていきましょう。

 

そもそも足の裏は汗をかきやすい部位である

緊張するとよく手に汗をかく、という人は多いでしょう。
でも実際には手の平だけではなく、足の裏も汗をかいているんです!
なぜなら、手の平と足の裏には汗線が密集しているからです。

 

手と違って足は靴下やストッキングを履いていてわかりにくいですが、
手が湿っている時は同じくらい足の裏も湿っている、と思ってください。

 

体温調節

暑い夏場、体に熱がこもらないように、汗線の密集する手の平と足の裏はたくさん汗をかきます。
犬が体温を下げるために舌を出すのと一緒で、こればっかりは仕方ありませんね。
むしろ熱中症を避けるためにも必要不可欠です。

 

緊張やストレス

緊張すると手の平に汗をかくように、足にも同じだけ汗をかいています。
精神的な緊張状態になると交感神経が活発になり、その影響で汗腺から汗が出てきます。

 

多汗症

もし緊張やストレスにさらされていない状態、
たとえば家でリラックスしている時や朝目覚めた瞬間から汗をかいている場合です。
その場合、多汗症という病気である可能性があります。

 

対策

多汗症である場合、形成外科による手術によって治る可能性があります。
緊張やストレス性の場合、とにかくストレスをためないこととリラックスすることが良いのですが、そんなこと言われてもなかなか難しいですよね。

 

かいた汗を蓄積しないために、入浴時には足をよく洗いましょう。
足の裏だけこするのではなく、指1本1本丁寧に。爪と指の間もブラシなどで軽く洗えると尚良いでしょう。

 

あまり適当に洗っていると匂いが角質層に入り込んでしまい、1日中臭いなんてことに…。

また、なるべく靴は同じものを連続で履かないようにしましょう。
一日で足の裏はたくさんの汗をかきます。その汗が乾かないうちに翌日また履いてしまうと、常に靴の中が湿った状態になり、どんどん雑菌が繁殖してしまいます。
靴は最低でも2〜3足用意し、ローテーションで履くようにしましょう。

 

いかがでしょうか。
足の汗は不快なだけでなく、放っておくと悪臭を放つ等、人の迷惑にもなってしまいます。
まずはリラックスや場合によっては通院等の方法がありますが、かいてしまった汗を
そのままにしないことが重要です。

こんなにあります!多汗症の治療方法

多汗症 塗り薬 多汗症 ツボ 多汗症 漢方 多汗症 食事 多汗症 手術 多汗症 ボトックス注射

足に汗をかく原因と対策はコレ!|多汗症対策・改善方法を総まとめ!関連ページ

あなたは多汗症かもしれない?種類・症状
多汗症には、どんな種類があるの?またどんな症状がでるの?
汗が気になって好きな人と手をつなげない
手から大量の汗が出て好きな人と手がついなげない。深刻な悩みですが、一過性のものかもしれません。当サイトにて症状を分析します。
ワキガと多汗症はどう違う?
多汗症とわきがの違いを分析します。当サイトにて症状を確認してね♪
塩化アルミニウムが多汗症に効く?
多汗症に効く塩化アルミニウムというお薬について説明いたします。
多汗症と黄菌毛について
多汗症と黄菌毛はどのような関係にあるのでしょうか?
多汗症とタバコ・コーヒーの関係
多汗症にコーヒーやタバコは関係しているのでしょうか?控えれば改善するということはないのでしょうか?
非欧米化の食生活が多汗症克服のカギ
多汗症を克服するためには、普段の食生活を非欧米化にすることが大事です。
諦めるのはまだ早い!多汗症を治すには?
多汗症を治すにはどのような方法があるのでしょうか?また、どのような生活を心がければいいのでしょうか?
電車で汗が止まらない原因と対策
電車で汗が止まらない原因と対策についてお伝えいたします。
心療内科での多汗症治療の実際
多汗症へのアプローチの仕方も様々です。どんな症状の方が心療内科での治療に向いているのでしょうか?
手のひらの多汗症に効果のあるアロマ
手のひらの多汗症には、アロマによって副交感神経の作用を高め自律神経を整えることが有効な手段となります。
多汗症による発疹とその対策
多汗症により、皮膚のトラブルが発生する場合があります。対策について綴ります。
多汗症の治療は段階的に行いましょう
多汗症の治療は、適切な順序を守って段階的に進めていくことが肝心です。
更年期の多汗症はこう乗り切ろう!
更年期症状の一つ、多汗に悩む方は少なくありません。対処法についてお伝えいたします。
多汗症にイオントフォレーシスはもう常識?
イオンフォレーシスは多汗症の治療に用いられる第一選択肢。日本ではメジャーな位置づけではありませんが、欧米では1940年代から施行されています。
多汗症だと思っていると思わる病気が隠れているケースも
ずっと汗が流れ続けるのは異常であるということを心しておいてください。発汗機能が影響を受けるような障害が、体のどこかで起こっている可能性が高いのです。もし心当たりがあるのなら、できるだけ早く医師に相談してくださいね。

このページの先頭へ戻る