多汗症とタバコとコーヒーの関係

今、多汗症で悩んでいるそこのあなた。
あなたはタバコを吸いますか?コーヒーを飲みますか?
もしYESと答えるのなら、一度タバコとコーヒーの摂取を制限してみたほうがいいかもしれません。

 

多汗症のそもそもの原因

あなたは多汗症のそもそもの原因をご存知ですか?
こう聞くとほとんどの人が「体温があがって、汗が出やすくなるから…。」と答えます。
もちろんそういった理由も考えられます。

 

しかし、多汗症の原因のひとつに交感神経が刺激されるという理由があることを
知らない人は非常に多いです。

 

そして、この交感神経が刺激されるということと、タバコとコーヒーの摂取には
深い関係があることを知らない人も非常に多いのです。

 

タバコ摂取と交感神経の関係

タバコには含まれているものが、なにかはご存知ですよね?
そうです。ニコチンです。
このニコチンというのが、多汗症にとって曲者なのです。

 

ニコチンには、中枢神経を興奮させる働きがあります。
中枢神経が興奮するということは、交感神経が刺激されることに繋がります。

 

つまり、タバコのニコチンを摂取するということは、多汗症の症状を悪化させることに繋がってしまうのです。

 

コーヒーと多汗症の関係

これはコーヒーに限った話ではありません。
みなさんが普段から口にしているかもしれないお茶も関係があります。

 

コーヒーとお茶にはカフェインが含まれているのはご存知だと思います。
実は、このカフェインにも中枢神経を興奮させる働きがあるのです。

 

ここまででタバコとコーヒーが多汗症と関係していることは理解していただけたと思います。

 

しかし、タバコとコーヒー(カフェイン)の摂取をやめたからといって、
かならず多汗症の症状がなくなるというわけではありません。

 

あくまで、タバコやコーヒーを大量に摂取している場合、
その摂取を制限することで緩和される可能性があるということです。

ですが、もし本当に多汗症に苦しんでいてタバコやコーヒーを摂取しているのであれば、
これを機に一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

多汗症改善ランキング

こんなにあります!多汗症の治療方法

多汗症 塗り薬 多汗症 ツボ 多汗症 漢方 多汗症 食事 多汗症 手術 多汗症 ボトックス注射

多汗症とタバコ・コーヒーの関係|多汗症対策・改善方法を総まとめ!関連ページ

あなたは多汗症かもしれない?種類・症状
多汗症には、どんな種類があるの?またどんな症状がでるの?
汗が気になって好きな人と手をつなげない
手から大量の汗が出て好きな人と手がついなげない。深刻な悩みですが、一過性のものかもしれません。当サイトにて症状を分析します。
ワキガと多汗症はどう違う?
多汗症とわきがの違いを分析します。当サイトにて症状を確認してね♪
塩化アルミニウムが多汗症に効く?
多汗症に効く塩化アルミニウムというお薬について説明いたします。
多汗症と黄菌毛について
多汗症と黄菌毛はどのような関係にあるのでしょうか?
非欧米化の食生活が多汗症克服のカギ
多汗症を克服するためには、普段の食生活を非欧米化にすることが大事です。
諦めるのはまだ早い!多汗症を治すには?
多汗症を治すにはどのような方法があるのでしょうか?また、どのような生活を心がければいいのでしょうか?
電車で汗が止まらない原因と対策
電車で汗が止まらない原因と対策についてお伝えいたします。
心療内科での多汗症治療の実際
多汗症へのアプローチの仕方も様々です。どんな症状の方が心療内科での治療に向いているのでしょうか?
手のひらの多汗症に効果のあるアロマ
手のひらの多汗症には、アロマによって副交感神経の作用を高め自律神経を整えることが有効な手段となります。
多汗症による発疹とその対策
多汗症により、皮膚のトラブルが発生する場合があります。対策について綴ります。
多汗症の治療は段階的に行いましょう
多汗症の治療は、適切な順序を守って段階的に進めていくことが肝心です。
更年期の多汗症はこう乗り切ろう!
更年期症状の一つ、多汗に悩む方は少なくありません。対処法についてお伝えいたします。
足に汗をかく原因と対策はコレ!
足に汗をかく原因と改善するための対策について綴ります。
多汗症にイオントフォレーシスはもう常識?
イオンフォレーシスは多汗症の治療に用いられる第一選択肢。日本ではメジャーな位置づけではありませんが、欧米では1940年代から施行されています。
多汗症だと思っていると思わる病気が隠れているケースも
ずっと汗が流れ続けるのは異常であるということを心しておいてください。発汗機能が影響を受けるような障害が、体のどこかで起こっている可能性が高いのです。もし心当たりがあるのなら、できるだけ早く医師に相談してくださいね。

このページの先頭へ戻る