多汗症の対策と改善方法のコラム

多汗症の手術や手術以外の治療方法、ツボ、食事療法など、多汗症を治療する方法、対策、改善方法を綴ります。

こんなにあります!多汗症の治療方法

多汗症 塗り薬 多汗症 ツボ 多汗症 漢方 多汗症 食事 多汗症 手術 多汗症 ボトックス注射

多汗症の対策と改善方法のコラム記事一覧

ジャケットやシャツの脇だけ汗で色が…。多汗症だと、汗取パットでも追いつきません。脇の多汗症治療には、以下3つの方法があります。手術脇の多汗症の手術には、ETSと剪除法があります。ETSでは神経を切断、剪除法では汗腺を除去します。剪除法はもともとワキガ治療として生まれた手術ですが、汗腺を除去するため、多汗症にも効果があります。ETSも剪除法も、代償性発汗などの副作用がありますから、手術は最終手段と考...
手の多汗症を治す方法は色々あります。手術、ボトックス注射、交感神経へのブロック注射、ツボ押し…など。ここでは、それぞれの治療法について簡単にご説明します。手術手の多汗症を治すための手術は、胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)が一般的です。内視鏡を使うので傷口も小さく目立ちません。手術時間も30分と短いので、手術そのものによる身体への負担も少なめです。ボトックス注射ボトックス液を注射することで、汗腺の...
顔に沢山汗をかくのは嫌なもの。顔にだらだら汗をかいているのは、見た目にもあまり良くありませんし、女性の場合はお化粧が崩れるなどの心配もありますね。そんな困った顔の多汗症はどのように治療すれば良いのでしょうか?多汗症の治療と言うと、オドレミンなどの塩化アルミニウムを含んだ塗り薬が有名です。しかし顔には刺激が強いため、肌が弱い人にはあまりオススメ出来ません。どうしても使用したい場合は、医師に相談してか...
頭部多汗症の原因のほとんどは、緊張やストレスによる自律神経の乱れだと言われています。ですから手術や外用薬よりも、心理的な要因を取り除くカウンセリングなどが良いと言われています。この他、身体をリラックスさせる効果のあるツボを刺激したり、自律訓練法や瞑想の呼吸法を行うのも効果的です。頭部多汗症の人は「汗が沢山出ること」そのものがストレスとなり、悪循環となっているケースも少なくありません。確かに汗が沢山...
多汗症用の薬の1つに、市販で購入できる塗り薬があります。有名なのは、以下4つの薬です。テノール液オドレミン塩化アルミニウム液エキシウクリーム テノール液、オドレミン、塩化アルミニウム液はいずれも塩化アルミニウムを含むタイプで、エキシウクリームは焼ミョウバンを含むタイプです。値段が手ごろ!これらの市販薬は、値段が比較的手ごろで購入しやすいのも良いところです。なお、値段は以下の通りです。テノール液⇒6...
多汗症治療の1つとして人気が高いのが、ボトックス注射です。1回の注射で得られる持続効果が半年〜1年と長いこと、メスを使わないことが人気の理由となっています。ボトックス注射では、ボツリヌス菌を利用してアポクリン汗腺やエクリン汗腺の働きをおさえるのです。ボツリヌス菌を使う…というとなんだか怖いイメージがありますが、きちんと医療用として確立されたものですので、必要以上に怖がることはありません。ただし、副...
そんなに暑いわけではないのに、自分一人だけが玉のような汗をかいていた。そんな経験はありませんか?皮膚の体温調節をする器官の一つとして、汗腺があります。汗腺は交感神経がつかさどり、発汗させたり止めたりすることで体温調節しています。人の汗腺は、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、アポエクリン汗腺の3種類があり、体温調節を行っているのはエクリン汗腺です。多汗症(たかんしょう)は、自律神経のバランスが乱れ、交感...
脇の多汗症に効果のあるツボ脇の多汗症に最も効果があると言われているツボ合谷(ごうこく)大包(だいほう)復溜(ふくりゅう)合谷の場所は、手の甲側。親指と人差し指の骨の付け根にあたりにある、くぼみのところです。大包の場所は、脇の下をたどっていって第六肋間のところです。復溜の場所は、脚の内側、くるぶしから指3本分のところ。押すと少し痛みを感じる場所です。手の多汗症に効果のあるツボ手の多汗症に最も効果があ...
多汗症を食事で改善するには、多汗症に良いとされる食事をとる多汗症ではあまり良くない食事を避けるこの2つのことが必要です。多汗症に良いとされる食事をとる多汗症に良いとされる食事は、低脂質で刺激物が少なく、野菜を中心とした食事です。料理でいったら「和食」ですね。また「イソフラボン」も発汗を抑えるのに効果的だと言われていますので、イソフラボンをたくさん含む大豆製品も取るようにしましょう。食材として積極的...
多汗症を手術で治す場合、どんなものがあるのでしょうか?ここでは、多汗症の手術として主に行われているものをご紹介いたします。胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)内視鏡を使って交感神経を切断する方法で、主に手の多汗症を治すために行なわれる手術です。傷口も小さく痛みが少ないのが特徴です。また、手術時間は30分程度で、日帰りOKの病院もあります。費用は病院によって異なりますが、十数万以上はかかります。副作用...
多汗症にお悩みのあなた。多汗症は本当に困ったものですよね。実は私も多汗症で、若い頃は本当に苦労しました。学校にいるときも、たいして運動してないのに、教室の中でひとり汗をかいていたり、会社の会議などでも汗を頻繁にかいてしまったりして…。周りの人にはいつも「大丈夫?体調悪いの?」と心配されてしまう始末でした。ですが、今は多汗症ともうまく付き合えるようになっています。そんな私がおすすめしたい多汗症対策が...
汗は体から不要な毒素を排出し、正常の体温を維持するのに必要なプロセスですが、汗の量が度を超すものを「多汗症」と呼びます。季節の変わり目や栄養不足に加え、ナイロンやポリエステルなどの化繊を着用した際に症状を来たしやすく、頭皮から足先に至るまで汗の悩みが尽きません。洋服の汗じみや汗の臭いも気になるので、コミュニケーション障害や社会不安障害を併発することも。病院に行かずとも、身近にあるもので治せる方法は...

このページの先頭へ戻る