あなたはどの部位の多汗症でお悩みですか?

ワキ 多汗症 手 多汗症 顔 多汗症 頭 多汗症

多汗症の対策

続いて、多汗症の原因とそれぞれの対策についてご説明します。

 

病気や薬(続発性多汗症の場合)

病気や薬が原因であるとはっきり分かっていますから、
病気の治療を進めることが多汗症の治療につながります。

 

とはいえ、病気が治るまでにも時間がかかりますから、
塗り薬やツボ押しなどで一時的に抑えるなどの対処を併用すると良いでしょう。

 

 

精神的な問題

精神的な問題で多汗症が起きている場合、
メンタルケアが最も重要となります。

 

深呼吸や自律訓練法など、
自分が落ち着ける方法を探しておくのも1つの手です。

 

特に、汗が出ることによる不安で悪循環に陥っている場合は、
長期戦となります。
カウンセリングなども併用したいですね。

 

 

自律神経のバランス異常

自律神経のバランス異常となっている場合は、自律神経のバランスを整えることが最重要です。
状況によっては、心療内科等で薬を処方してもらうことも必要かもしれません。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによって多汗症が起きている場合、
ホルモンバランスが乱れている原因を解消することが、
多汗症の解消につながっていきます。

 

ホルモンバランスの乱れは、積み重ねによって引き起こされています。
ですから、いきなり治るものではありません。
少しずつ原因を改善するとともに、塗り薬などで症状を抑えつつ
対処していくのが良いでしょう。

 

 

肥満

肥満が原因となっている多汗症の場合は、
ダイエットをすることが多汗症の解消につながります。

 

ダイエットのための運動の際は思い切り汗を流し、
それ以外の時は塗り薬やツボ押しなどを使って一時的に汗を抑えると良いでしょう。

 


食べ物

食べ物が原因の場合は、

  • 刺激物を控えるようにする
  • ある程度冷ましてから食べるようにする

などの工夫をすると良いでしょう。

 

多汗症改善ランキング

多汗症の原因

 

多汗症で困っているのは、日本人だけでも0.5%もいます。
意外と多いですよね。

 

昔は体質だと諦められていた多汗症ですが、現代ではれっきとした病気であることが分かっています。
つまり、治療さえすればきちんと治せるものなんですね。

 

そんな多汗症の原因とはいったい何なのでしょうか?

 

まず、多汗症はその発生部位によって名称が異なります。
手だけ、足だけなど、身体の一部でのみ多汗症の症状が出る場合には「限局性多汗症といいます。
全身で症状が出る場合は「全身性多汗症です。

 

そしてどちらの原因も2つに分類することが出来ます。
1つは「続発性多汗症」、もう1つは「原発性多汗症」です。

 

続発性多汗症

続発性多汗症は、何らかの病気や服用している薬が原因で発生する多汗症です。

 

原発性多汗症

特に原因となる病気などがないにも関わらず、
異常に汗が出る状態が6か月以上続くと原発性多汗症と診断されます。

 

この他の特徴

  • 初期症状が出るのは25歳以下
  • 睡眠中は汗が出ない

 

多汗症の原因

  • 病気や薬(続発性多汗症の場合)
  • 精神的な問題
  • 自律神経のバランス異常
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肥満
  • 食べ物

 

病気や薬(続発性多汗症の場合)

病気による多汗症の場合、よくあるのが糖尿病です。
慢性糖尿病の人は血糖値が高く、結果として神経系の働きに影響が出ます。
結果として体温調整がうまくできなくなり、多汗症になると考えられています。

 

この他、甲状腺機能亢進症、リウマチ、更年期障害も多汗症と関係があります。

 

 

精神的な問題

緊張している時は、もともと汗をかきやすいものです。
しかし、この汗の量が異常に多くなると多汗症と診断されます。

 

そして、緊張やストレスなど、精神的なことが原因で多汗症となっている場合は、
「また汗をかくかもしれない」
「こんなに汗が出るなんて、恥ずかしい」
「周りに変な目で見られてるんじゃないだろうか」
など、汗が異常に出ることそのものが不安・ストレスとなる悪循環にも陥りやすいのです。

 

 

自律神経のバランス異常

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つから成り立っており、
体内の多くの臓器やホルモンに影響を及ぼしています。

 

交感神経は心身が興奮しているときに、
副交感神経は心身がリラックスしているときに作用します。

また自律神経は、自分の意思でコントロールできない神経で、
普段は上手くバランスが取れるように機能しています。

 

しかしストレスなどで自律神経のバランスがうまく取れなくなると、
途端に体内のあらゆるところに影響が出ます。
この影響で多汗症になっているケースもあるのです。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンは血液中に分泌される物質で、少量で体内のあらゆるところに影響を与えます。
ですからホルモンバランスが乱れることで、体温調整の機能がうまく働かなくなることもあるのです。
ホルモンバランスの乱れは、ストレスや寝不足、身体の疲労、更年期障害などで起こります。

 

 

肥満

太っている状態と言うのはどういう状態でしょうか?
内臓や皮下に、余剰脂肪が沢山ある状態ですね。

 

余剰脂肪が沢山あると熱の放出がうまく出来ず、
結果として体内に熱をため込むようになります。
その結果、体温調節のためにどんどん汗をかく…ということになるのですね。

 

 

食べ物

ある特定の食べ物を食べることで、汗が沢山出るというケースもあります。
一般的には辛いもので汗をかく、というイメージがありますし、
実際に辛い物を食べると汗が良く出ますね。
これを「味覚性発汗」と言います。

 

味覚性発汗そのものは、多汗症とは関係ありません。
よくある生理現象です。
しかし味覚性発汗と精神的な要因が絡むと、味覚性多汗症となることもあります。

 

例えば、辛い物を食べて良く汗をかく人がいたとします。
それ自体は良くあることですが、そこに
「辛い物をちょっと食べただけでこんなに汗をかくなんて、恥ずかしい…」
というネガティブな感情が入りこみ、それが強い不安に変わることで多汗症につながりやすくなります。

 

多汗症改善ランキング

多汗症からくる臭いの改善には意外と簡単な解決方法が・・・

汗だけじゃなく臭いも気になる多汗症。
特にワキ汗の臭いって気になりますよね。

 

多汗症の治療を行うためには、
「自分の多汗症は、いったい何が原因なのか?」を正しく知り、
適切な治療を受ける必要があります。

 

原因にもよりますが、原因の解明と治療には、たいてい根気と時間が必用です。

 

しかし臭いに関しては、意外と簡単な対処方法があることをご存知ですか?
その方法は、なんと「脱毛」なんです!

 

ワキ汗の臭いの原因は、肌にいる雑菌。
この雑菌が最も多く繁殖する場所が、なんと毛根なんです。

 

ですから、脱毛をして毛根をなくしてしまえば、
雑菌も一緒に減らすことが出来るんですね♪

 

それに、ワキの無駄毛がなくなることで、
よりワキを清潔に保ちやすくなります。

 

特に、ストレス性の要因から多汗症になっている場合、汗の臭いがストレスとなり、
更なる悪循環に陥っていることもあります。

 

脱毛で1つストレスを減らしつつ、キレイなお肌も手に入れてみませんか?

こんなにあります!多汗症の治療方法

多汗症 塗り薬 多汗症 ツボ 多汗症 漢方 多汗症 食事 多汗症 手術 多汗症 ボトックス注射

更新履歴


このページの先頭へ戻る